S3使用構築見直し 最高1940くらい

今期は納得のいく構築をつくれなかったので、S3を振り返って構築の改善点や得たことをまとめてみようと思います。

最高レートは1940ぐらいだと記憶してますが、最終日には1700代まで落ちました。

欠陥構築というより、構築としてまとまっていなかったように思います。

見直しがメインなので適当に思ったこと書いていきます。

 

<構築経緯>

S3はコケコランドグロスとカバリザが環境の中心になると予想。それに対するメタとして前者にはマンムーを後者にはアシレーヌを押し付けていく構築が強いのではないかと思い、構築を始めた。

コケコランドグロスマンムーを押し付けていくためには素早さ操作要因が必要であり、アシレーヌとの相性の良さも加味し、トリックルームを軸としたPTを作成することにした。

トリックルームの始動要因として、上記の2体で厳しいグロス、カグヤ、リザ―ドン等に強いであろうシャンデラを採用し、残りを3体を補完として入れた。

リザードンは受けループ等の低速高耐久PTを崩すため。プテラはゲンガーやゲッコウガを上から潰すための採用。ナットレイはここまでで辛いキノガッサやガルーラ、ミミッキュの対策として採用した。

  

<個体紹介>

f:id:pandamu:20170519021654g:plain

リザードン 猛火 @メガ石(x)

H4 A252 S252

フレアドライブ 雷パンチ 逆鱗 剣の舞

 

初めて剣舞リザを使ったが低速のPTに対しての制圧力は圧巻だった。今期は受けループにあまり当たらなかったので、龍舞にしたほうが良かった気がする。逆鱗もあまり打たなかったので、他の技も一考。 

 

f:id:pandamu:20170519022301g:plain

プテラ プレッシャー @メガ石

意地っ張り

H4 A252 S252

ストーンエッジ 雷の牙 地震 氷の牙

 

トリックルームを催眠術で阻止してくるメガゲンガーを倒すため、追い打ち要因として採用した。 実際はプテラゲンガー対面では居座り催眠術しかうたれなかったため、追い打ちを地震に変更。構築上めざ炎ゲッコウガがどうしようもなかったため、上から縛れるよう雷の牙を採用。PTにリザードンがいるためよぶであろうガブやランドの打点として氷の牙を採用した。

使用感としては今の環境でアイアンヘッドの無いプテラは弱かった。雷の牙にしても、ゲッコウガが初手に来ない場合、プテラが削られて水手裏剣で縛られるのであまりうつ機会がなかった。レヒレに半分入らないのも弱すぎる。

地震を打つ機会は多かったので変えて正解だったと思う。

記事で読んだエッジ、アイへ、地震、挑発のプテラが強いと思うのでそれ使いましょう。

 

f:id:pandamu:20170519022605g:plain 

マンムー 厚い脂肪 @地面Z

意地っ張り

H44 A244 B0 D220 S0

地震 岩石封じ 氷柱針 氷の礫

HD H16n-1 球カプ・コケコの草結び確定耐え

A      残り

 

初手に出されやすいコケコやテテフに安心して突っ張れるまでDに振りトリル下での制圧力を考えて残りをAに振った。

AD地面Zである理由は初手に出した際の対面性能を確保するため。トリックルームを採用したPTを組む際には、相手を2体まで減らしてトリルを展開することが重要だと感じ、初手に出していき相手の攻撃を一回耐えて、返しの攻撃で倒すために地面Zを採用した。

地面Zによりカプテテフやアシレーヌ、岩封+地面ℤで霊ℤミミッキュを倒せるのは強かった。一致Z技にS操作技、連続技に先制技と初手性能が凄まじく、地面氷の技範囲が通る相手に対しての性能も申し分なかった。

技構成に関しては、トリル下での運用も考えるとリザYやガモスを落とせる岩技をうつ機会も多く、この4つで変える余地はなかったように思う。

気になる点は威嚇込みの氷柱針2回でランドロスが落ちない点、地面ℤが空かされやすいタイプである点ぐらい。前者はトリルターンを足らなくする要因となったので特に悲しかった。

Sの関係上どうしても下からの遂行になりやすいため、Zテテフ等により思いがけず倒されたりする場面もあった。

調整に関しては、球草結びは一度もくらわなかったので少し削ってもいい気がする。

このポケモンは強かったと思う。

 

f:id:pandamu:20170519023135g:plain 

シャンデラ 貰い火 @気合の襷

図太い

H252 B252 D4

シャドーボール オーバーヒート 置き土産 トリックルーム

  

HBに振っている理由は初手にマンムーを選出することが多いので、メタグロスと対面した際の引き先になれるように振っている。襷は積まれた相手に対してもトリルを展開できるように持たせた。

炎技はメガメタグロスを一撃で倒すことができるようにオーバーヒートを採用している。

ウルガモスリザードン等の炎枠に後投げしてトリル展開→マンムーorアシレーヌ降臨の流れが決まると大体勝てていた。

置き土産はシャンデラ対面でトリルターンを稼ごうと積み技をしてくる相手に対し、安全に後続を出す為に採用している。

結構面白いポケモンであったが、火力の無さも気になり、トリックルームを展開するためだけに選出するということも多く、シャンデラでなくとも良かったのではないかと今では思う。

因みにだが、このポケモンテッカグヤをみる選出をした対戦はほぼ負けていた。

 

f:id:pandamu:20170519023359g:plain 

アシレーヌ  激流  @命の珠

控え目

H252  B4  C252

泡沫のアリア ムーンフォース めざ炎 滅びの歌

 

絶対に眼鏡の方が良かった。

めざ炎に関しては、自分がS2でカバリザを使っていた際に、初手のアシレーヌZが辛かったため、受け先としてメインウェポン両半減のナットレイが増加するだろうと考え採用した。

有利対面から交代読みをせずに攻撃し、その後のめざ炎で落とせるように命の球を持たせていたが、ナットレイは初手で来るパターンも多く、眼鏡によってナットを一発で倒せばその後、トリル下での一貫ができるパターンが散見されたので眼鏡でよいと思う。(対面球めざ炎をミリ耐えされることが多かった)

眼鏡でよいと考える理由は他にもあり、ポリゴン2が厳しい構築なので圧力をかけていけるというのと、トリル下での火力の足りなさから。トリル下はターン管理が重要であるので、できるだけ一貫するタイプの技を選んでいたが、後出ししてきたポケモンにミリ耐えされ、トリルターンが足りないというのも多かった。

滅びの歌はイーブイ等のバトン軸に対する解答となるので重宝した。PTに一体いると安心感がある。

絶対に眼鏡の方がよかった(2回目

 

f:id:pandamu:20170519022923g:plain

 

ナットレイ 鉄の棘 @ゴツゴツメット

呑気

H252 B252 D4

ジャイロボール パワーウィップ やどりきの種 ステルスロック

 

最終3日前ぐらいまでスイープ役としてカミツルギを採用していたが、ガルーラに後出しできるポケモンが欲しいと思い、ナットレイに変更した。ナットレイに変更したことにより、ガルーラ軸への勝率が上昇することはなかったので正直失敗な気がする。

PTをみればわかるが、ガルーラでナットレイを崩し、ミミッキュやらスカガブを出されるだけで負けてしまうので、ガルーラに後出しする意味がなかった。

このポケモンをうまく扱えたことが無いので、今後は構築単位で活躍できるように考えてみたい。

カミツルギにも大きな可能性を感じたので今後も積極的に考察していきたい。

 

<収穫>(完全に主観です)

リザードンxは受けループに対してめっちゃ強い。
トリックルームはエースで3体倒すというよりもエースで2体を持っていく構築。

トリル軸は初手にタイマン性能の高いポケモンで一体もっていって、残り2体をエースで詰めていくのが強いと感じた。(例 初手ガッサ→ポリクチ)

また、初手でトリルをはって、エースで場を荒らし、3体目でスイープしていくのも強いと思う。(例 初手ポリ2→クチート→スカガブ)

トリックルームはトリルエースで3体倒す構築ではない。

これにはトリル役を2枠用意することにより、2回トリックルームをはるなどの例外もある。

・地面zマンムーつよい

・めざ炎アシレーヌつよい

・現環境のプテラ地震、アイへは入れときたい

 

<感想>

今になって見直すだけでも山ほど改善点が見付かるので、しっかりと考察する時間を確保しなかった自分の未熟さを感じたシーズンだった。

終盤になってとりあえず潜って対戦数こなして何とかしようという考えが浅はかだった。

今シーズンはトリックルームというギミックに初めて挑戦し、トリックルームという軸について考える良い機会となった。

ただ、初めてトリルを使うなら王道のポリ2や最強のトリラーらしいミミッキュから始めても良かった気もする。

終盤に溶かしてしまった主な要因としては、 ガルーラ軸の増加、環境に多かったカプレヒレ、テッカグヤがいるだけでトリル軸を出し難かったのがあげられる。

今回の構築は重たい並びがあるというよりも、単体で厳しいポケモンが多すぎてうまく戦えない構築であると感じた。

トリックルームを出せない際の明確な裏選出を用意していなかったのも問題であったと感じる。出せない構築(レヒレカグヤやフシギバナ入り等)に対してしっかりとした裏選出を用意することが出来れば、もう少し頑張れた気がする。

最後に撮ってあった画像貼って終わります。最初の100戦くらいはQR使ってたんでこのPTだけの対戦数ではないですが。

期はチャーレムかヘラ、ガルーラを使っていきたい。

f:id:pandamu:20170519013137j:plain

twitter @pandam_777 

小説家になろう おすすめ作品10選

 「小説家になろう」読者歴4年(多分)のパンだむと申します。

今回は自分の読んできた中で特に面白かった作品を紹介していこうと思います。

↓このサイトの話です。

小説家になろう - みんなのための小説投稿サイト

 

・紹介する順番は面白い順ではありません。

無断リンクなので問題があれば消します。

・自分は文章力がないのであまりうまく良さを伝えられないと思います。少しでも気になったら実際に読んでみてください。 

 

 

①恋をしたら死ぬとか、つらたんです(みかみ てれん様)

http://ncode.syosetu.com/n6529bs/

自称『普通の女の子』であるクレイジーサイコビッチ・藤井ヒナが、「恋をすると死んでしまうVR乙女ゲーム」のモニターのお仕事をしていくお話。

 

この小説の面白さは何といっても主人公「藤井ヒナ」の人間性です。その圧倒的ホレっぽさから、恋愛はゲームの中だけと決めていた恋愛力53万の女子高生。彼女にかかれば男、女、既婚者、テディベア、喋る棒人間だって恋愛の対象となりうる。そんな彼女が「恋をすると死ぬゲーム」をするわけであるから、当然死ぬ。死にまくる。

ゲームをクリアするために立ちはだかる試練(イベント)を、オペレーターと共に攻略していくのだが、そのオペレーターとの掛け合いや死に方、ヒナのちょろさ、死んだあとの葬式シーンなど随所に笑いのポイントがばらまかれており、とても面白い作品となっている。

 

自分はネット小説の良さの一つに”軽さ”があると思っていて、そういった面でこの小説は良い意味で”軽い”小説であると思います。頭を空っぽにして読めて、ゲラゲラと笑えるそんなネット小説ならではの雰囲気を是非味わってみてください。

 

  

②堕落の王(槻影様)

http://ncode.syosetu.com/n4760cl/

日本のサラリーマンとして働いていた主人公が異世界に悪魔として転生し、怠惰を司る魔王となってからを描いた作品。

 

皆大好き異世界転生物から1作。とはいってもこの小説は異世界転生要素はかなり薄くなっている。

主人公とその周囲にいる悪魔たちによる群集劇で構成されている小説となっており、それぞれの章で7つの大罪を司った悪魔たちの視点が描かれている。登場する悪魔たちは司る大罪に対して忠実であり、それがキャラクターとしての魅力につながっている。

 

 

魔法少女を助けたい(クンスト様)

http://ncode.syosetu.com/n0267cc/

主人公はある日化物に襲われ、魔法少女に助けられる。化物と魔法少女の存在を知った主人公は危機感を募らせ、独自に化物に対しての調査を開始する。そして現れた黒幕から、化物をワザと倒させレベルの上がった魔法少女を狩るという計画の存在を知る。かくして主人公は魔法少女を助けるために奔走するという話。

 

この小説は、魔法少女の戦う敵はなぜ少女たちよりも弱く、少女たちが勝利することが出来るのかという些細な疑問から物語が始まっていく。こういった疑問をうまくついた設定から読者を世界観に引き込んでいき、魔法少女よりもはるかに強い敵たちに対して、彼女たちよりも弱い主人公がどのような方法で勝つのかを見せて読者の心をがっちり掴んで離さない。

設定はとても作りこまれているし、描写も丁寧で読み終えた際の満足感も抜群に良い作品となっている。

 

ちなみに続編が現在連載中ですよ!!(自分は完結してから一気読みします。

 

 

④ブルージャスティスここにあり!(竹内すくね様)

http://ncode.syosetu.com/n3771r/

悪の組織の戦闘員として働いていた主人公、青井正義。彼は将来の不安から悪の戦闘員として働く傍ら、ヒーロー派遣会社の社員、ヒーローとして活動することを決める。正義とは何なのか?ヒーローとは何なのか?それを知るため兼業ヒーロー青井は今日も戦う。

 

ヒーロースーツというものが世に広まった世界で、職業として怪人とヒーローをこなしているという独自の設定はとても面白く、出てくる人物も個性的な面子ばかりで飽きを全く感じさせない作品だった。読み進めていくと青井という人物のカッコよさ、人間らしさの虜になってしまうだろう。

 

 

⑤この世界がゲームだと俺だけが知っている(ウスパー様)

http://ncode.syosetu.com/n9078bd/

バグ満載のVRゲームの世界に飛ばされてしまった主人公が、あらゆるバグを使いこなしゲーム脱出を目指すお話。

 

自分がなろうにハマる原因となった小説。単行本が現在8巻まで出され、漫画化もされている人気作。

面白い。この一言に尽きると思う。全く予想のつかない展開、数々の伏線、ギャグセンス、愛すべきキャラクター達、すべてが面白いという言葉に集約される。

ただ更新が止まっている期間が長いので、なろう上で完結するかはわかりません。それを差し引いても読む価値は十分なので是非一度読んでみてください。

 

 

アルバート家の令嬢は没落をご所望です(さき様)

http://ncode.syosetu.com/n4499cf/

貴族の令嬢である主人公は始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり、自分がそのゲームの悪役であることを思い出す。となれば、ここは「そんな人生冗談じゃない!」と没落を回避…しない。ちょっと変わった令嬢が没落を目指して従者と共に頑張る話。

 

なろうにおいて人気ジャンルである悪役令嬢物から1作。男性の方はこのジャンルを読んだことのない人も多いのではないだろうか。かくいう自分も最初のころは乙女ゲームという物を全く知らない自分が見ても楽しめないだろうと思い、読んでいませんでした。しかし実際このジャンルに触れてみると、同じ悪役令嬢という作品であるのに多種多様な設定、創意工夫で楽しませてくれるジャンルであり、前知識など全くなくても楽しむことが出来ます。多い設定には没落回避を目指す話や、没落した後の復讐を目指す話などがあります。

そういった中でこの作品は一風変わっており、悪役令嬢が自分主導で没落を目指す話となっている。主人公は確固たる自分の意思というものを持っており、それに基づいて面白おかしく没落を目指しているため、個性的なキャラ達も相まってとても読み応えのある作品でした。ゲームのメインシナリオまではコメディーなのだが、その後は恋愛小説として砂糖をまき散らすので読了感も良く、1作で2度おいしい作品となっている。

 

 

⑦やり直してもサッカー小僧(黒須 可雲太様) 

http://ncode.syosetu.com/n9987bi/

試合中の怪我によりサッカー選手としての道を絶たれた男が、小学3年生の時まで戻り、もう一度真剣にサッカーに打ち込む話。

 

設定もシンプルで分かりやすく、丁寧に描写してくれているので、場面を想像しやすくサッカーの知識がなくても楽しむことができる。なろうでスポーツものといったらこの作品を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。時間逆行物はその際の得ているアドバンテージをどう活かすかということを主眼にしている作品が多いが、この作品はそれだけではなく「俯瞰視」という能力を身に着けさせることで、なろうらしいサッカー物として昇華されている。  

 

 

⑧不死王の息子日向夏様)

http://ncode.syosetu.com/n2023bc/

現代日本、でもけっこうふつうに人狼や吸血鬼など人外たちが暮らしている世界。普通の女の子である主人公のクラスに一人、人外の転校生がやってくる。転校生である男の子は不死身の不死者、しかも不死王の息子だった。これは、ありえない理由で不死身になった女の子と不死王の息子が色んな死亡フラグにぶち当たるお話である。

 

この作者様の作品に出てくる女の子のサバサバしている感じが自分はすごく好きです。(唐突な自分語り

設定も凝っているものが多く、全体として落ち着いた雰囲気の文体のなかに時折挟まれるシリアスやギャグ、恋愛などの要素が作品としての質を高めている。

 

 

⑨用務員さんは勇者じゃありませんので(棚花尋平)

http://ncode.syosetu.com/n4202cb/

学園異世界召喚に数十名の生徒、教師と共に召喚された主人公(用務員)は、召喚の際に得られるはずだった力をとある生徒にぶんどられてしまう。辛く厳しい異世界で用務員さんは誰と出会い、どんな生き方をしていくのか。 

 

この方の描かれる異世界はとにかく厳しく救われない。異世界だろうが現代だろうが人間の形成する世界というのはとかく厳しい物だということを強く感じさせる。予想のつかない展開やリアルな描写、読むだけで胸を締め付けられるような圧迫感、緊張感を感じさせる作品は他にはないだろう。

人間らしい主人公もこの作品の魅力であり、一人になりたいが孤独では生きられない、襲い掛かる理不尽をはねのける力も持っていないし、人に縛られるのを嫌う。そんな主人公が四苦八苦し、思い悩み生き抜いていく様を読んでいると幸せを願わずにはいられなくなります。

 

この作品は7割ダークで2割癒し、1割スカッとする展開みたいな作品で、他のおすすめしている作品と同じ感覚で読んでいると正直辛いかもしれません。それでも読み進めていくと作者様が描きたいこと、伝えたいことが何なのか、それらが見えてくる瞬間があります。どこまでも厳しい異世界”現実”ファンタジーの世界を是非読んで確かめてください。

 

 

⑩辺境の老騎士(支援BIS様)

http://ncode.syosetu.com/n5011bc/

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の老騎士が、主家に引退を願い出て珍しい風景や食べ物を探す旅に出る。

 

主人公は半ば引退した老騎士でありながら、冒険出ることで新たな出会いをし、それによって得られるものもある。人間いくつになっても得られるものがあるということを感じさせる作品。丁寧に描かれる世界観のなかで、美味しそう食事や軽いユーモア、そこで生きている人々が混ざり合い、とても読み応えのある作品となっている。

主人公一人だけで始まった物語も徐々に大きくなっていき、大陸中に語り継がれる冒険談になっていく様をじっくりと味わってほしいと思う。

 

 

<あとがき>

とりあえずこんな感じで。気が向けばまたこういったものを書いていきたいと思います。

書いてみた感想ですが、見事に書籍化している作品ばっかりだなという感じですね。おすすめ書こうと思って久しぶりに開くと書籍化が決まっている作品も結構多かったです

なろうを読んでいて思うことはとにかく色んなジャンルを読んでみてほしいということ。異世界物だけがなろうではなく、エッセイとか推理物とかでも面白い作品は沢山あります。是非面白い作品を発掘してみてください。そして自分に教えてください。

 

なろうのランキングから面白い作品を見つけるのは結構難しいので、まずは書籍化された作品を読んでみて、面白かったジャンルの作品を検索機能をうまく使って探してみるのがいいかもしれません。

ちなみに最近読んで面白かった作品は、

  • Myrla~VRMMOでやりたいほうだい~
  • ネトゲをマクロで俺つえええしたかっただけなんだ……(勘違いギャグ) 
とかですね。ここまで見てくださっている方がいるかわかりませんが、参考になれば幸いです。
ありがとうございした。
 
Twitter@pandam_777

【ポケモンSM】リザメタグロス【S2最終レート2017】

 ポケモンSMのシーズン2でレート2000を達成できたのでその構築記事です。

 

 

………え? 私の順位…不穏すぎ………?

 

f:id:pandamu:20170322005238j:plain

 

<構築経緯>

S2はバンクが解禁され、バシャーモの増加が予想された。バシャーモの対策枠として増加するであろうスイクンカバルドン、ヤドランを以前から興味を持っていた草結びメタグロスで崩してバシャーモを通していく構築が面白そうだと思い、そこから構築を開始した。実際は草結び威力40のカプ・レヒレばかりで全く刺さらなかったが、草結びグロスは序盤中盤に流行っていた砂パや受けループに強いのではないかと思ったのでそこから構築を組みなおして今の形になった。

グロス採用→バシャやガモス等の対策としてカバ+ウツロイド→カグヤやガルド、レヒレの対策としてリザードンリザードン選出の際にテテフが重いのでゲッコウガ→剣舞ガブとかを考えたらガブに後出しできるポケモンがもう一枠欲しい。一舞ギャラを止めれてフェローチェを倒せて天候も変えれる神ポケはいないものか→ARキュウコン入れて完成。

 実際他のポケモンも試したけど大体こんな感じ。

 

 

<個体紹介>

メガメタグロス 

無邪気 

H92-A128-B0-C92-D0-S196  

思念の頭突き 冷凍パンチ アームハンマー 草結び

 

HB  6n-1 ゴツメダメージ最小、陽気ガブリアスのじしん+鮫肌確定耐え

S   最速ガブリアス抜き

C  草結びでH252スイクン高乱2(49.2%~57.9%)

A  あまり

 

鋼技を採用してないメタグロス。主に砂パや受けループ意識の技構成です。

思念の頭突きはフシギバナドヒドイデを迅速に処理するのに必要であるし、ボーマンダガブリアスランドロスの打点になる冷凍パンチも必要。ナットレイがいても選出できるようになり、バンギラスやラッキーに刺さるアームハンマーカバルドンやヤドランを崩せる草結びという技構成に落ち着いた。

種族値であり広範囲に対して弱点をつけるのが単純に強い。ブルルドヒドイデやマンダナットなど相手にすると厄介なPTに技範囲が刺さるので選出をしやすかった。

対砂パにおいてバンギラスカバルドンドリュウズボーマンダフシギバナの全員に対して打点があるので強くでられる。

受けループに対しても、ヤドランでメタグロスを受けに来る選出をしてくる受けループやドヒドイデを絡めた7世代受けループには強くでられる。 

シーズン序盤中盤はよく刺さったが終盤に近づくにつれてテッカグヤギルガルドを採用しているPTが多すぎてあまり出さなかった。

どうせあまり出さないんだったらもっと役割を絞って、S下げてAや耐久に振った方がよかった気がする。

 

メガリザードンY  

臆病

H252-A-B28-C0-D0-S228

大文字 ソーラービーム 羽休め 吠える

 

HB Hぶっぱ 特化ミミッキュのzシャドクロ+影うち耐え

S   最速ミミッキュ抜き 

 

先発で出てくるミミッキュに対してカバルドンに引くしかないのが弱いと感じたので突っ張れるまで振った。ここまで振ると一舞メガギャラドスの滝登りも晴れ下で耐えることができる。

羽休めはカバルドンとサイクルを回す上でレヒレに後出しすることが多々あるのでサイクル負けしないように採用している。ステロやレヒレが多い環境ではこの技はよく刺さったように思う。

吠えるはイーブイ等のバトン軸に対してPTがあまりに無抵抗であったのと、ギャラドスボーマンダに対面から舞われてウツロイドゲッコウガの上をとられて負けになる場面が割とあったので採用した。

ヒードランに打点が無いのが気になるので普通に気合い玉や地震でよかったかもしれないが、吠えるのおかげで勝てた試合も結構あったので割と気に入っている。

 

 

ウツロイド @電気Z

臆病

H4 C252 S252

パワージェム ヘドロウェーブ 草結び かみなり

 

リザードンウルガモスに強い枠。

草結びはリザードンの裏にいるカバルドンに通る技として採用。PTでテッカグヤが重いと感じたので誘って倒せる電気zかみなりを採用した。このポケモンは鋼タイプをよく後出しされるので一貫しやすい電気zを放つ場面は結構多かった。

ただ、レートが上がっていくとリザードンガブリアスランドロスを一緒に採用しているPTも多く、正直草結びよりもめざ氷の方が欲しい場面が多かった。めざ氷ウツロイドください。

また、このポケモンを使う上での注意点として、テッカグヤは電気Zを普通に耐えてくる型が存在するため有利対面では極力ヘドウェを押さずパワージェムを押して、テッカグヤの耐久を確認しなければならない。

砂嵐下や日照り状態であるならレヒレの水Zくらいなら耐えます。

カバルドンと一緒に選出することで苦手な物理を受けてもらい、砂嵐下でのD上昇の恩恵もうけることが出来る「カバロイド」の並び、強いので皆使おうね!!(実際は水の一貫が辛すぎる)

 

カバルドン @ゴツゴツメット

腕白 

H252 A4 B252

地震 怠ける 欠伸 毒々

 

物理受けのゴツメカバ。ガルーラ、バシャーモメタグロスに対して強いポケモン

一致攻撃技の地震と物理受けとしての性能を高める怠けるは確定として、欠伸は積んだポケモンを流す際にも使えるが、最後の詰め筋としても優秀であるので採用している。

毒々は耐久ポケを意識しての採用でもあるが、浮いてる物理とのラス一対面で打点が無いため負けるというのを防ぎたかったのと、鬼火して耐久をあげてカバルドンを無理矢理起点にしてこようとする民を許さないように採用している。

ガルーラのグロウパンチすてみタックルを耐えたりする物理耐久は流石としか言いようがなかった。

リザードンウツロイドと選出しサイクルをまわしたり、メタグロスゲッコウガと選出した際には相手を削って裏の圏内にいれたりととても優秀なポケモンだった。

 

ゲッコウガ @気合の襷

無邪気

A4 C252 S252

波乗り 冷凍ビーム ダストシュート めざ炎

 

バシャーモやスカーフテテフに勝てるように襷を持たせたゲッコウガ

めざ炎はPTでの炎打点がリザードンしかいないというのを避けたかったため採用している。ナットレイは一発では落ちない。ハッサムは振り方しだい。

ボーマンダ軸やハッサム軸などのサイクルPTに選出していき、サイクル崩壊を狙っていく。

 

 

ARキュウコン @こだわりスカーフ

臆病

H4 C252 S252

吹雪 フリーズドライ ムーンフォース †絶対零度

 

スカーフテロ枠。構築で厳しいフェローチェをテロする枠。

また、ステロ後のカミツルギや一舞メガギャラドスのストッパー役でもある。

相手のガブリアスが剣舞型だと思ったときはリザードンから引いたりしてました。後出しからでもガブやランドにはスカーフ岩石封じ、ストーンエッジ以外には負けないので一度は後出しできる。

受けループに対しては†絶対零度†を積極的に押していって勝ちを狙っていく。

ムーンフォースはあまりうたなかったが、フリーズドライは押したい場面が多かった。しかし、フリドラの2倍弱点ぐらいでは火力が全然足らず、メガギャラドスに半分ダメージが入らなかったときや、ゲッコウガを倒せないと分かったときは流石に笑ってしまった。

火力も耐久もマジで無いんで正直弱いと思うが、このポケモンしかできないことが多く選出は意外と多かった。

 

 

<選出> 

選出の際には相手がこちらのカバルドンをどうやって突破しようとしてくるのかを読むことが重要だった。特殊バシャーモやカプレヒレ、呪いミミッキュであったり草結びコケコなどは選出の時点で警戒してないと普通に負ける。

 

・基本選出はリザードンカバルドン@1

 

・砂パにはメタグロス+ARキュウコンゲッコウガ

メタグロスで砂起動要因を倒す→ARキュウコンで天候奪取→ゲッコウガ出すで大体勝てていた。終盤は砂パにリザがいたりドリュ以外の鋼がいたりであんまり決まらなかった。

 

・受けループにはメタグロス+ARキュウコンウツロイド

草結びグロスでヤドランに圧力をかけつつ裏を崩していく。グロスが通せそうにない時はARキュウコンでラッキーに零度あててウツロイドで全抜きしていく。

 

カプ・コケコやリザードンが入っているPTには極力「カバロイド」を出していく。特にコケコには出さないとまず負ける。

 

<厳しいポケモン、並び>

ポリゴン2 

まともに打ち合えるのがリザードンしかいない。DLの型でC上昇ひかれて殴られてるだけで厳しい。Cに降られて無い型の場合は意外とどうにでもなる。構築の欠陥。

 

ヒードラン

リザードンが完全に止まってしまう。ヒードラン+他の鋼のような鋼2枠構築とかには大体負けてた印象です。

 

ボーマンダギルガルド

ギルガルド入りには確定でリザードンを選出していたがこの組み方をされるとカバでマンダをみる選出やゲッコウガの交代読みめざ炎が必要になる。2000帯を彷徨っていた時にあたりまくってレートめっちゃ溶かした。

 

<感想 反省>

シーズン2お疲れさまでした。 S1に続きS2もレート2000達成できてとても嬉しいです。今期はS1と違って2000に割と早くに到達していたのですがそこから勝ちきれず、1900帯を彷徨っていることが多かったです。2100とかいく人はマジで凄いと思います。

また今期はリザードンが環境に増えたすぎたことにより、露骨なメタが多かった印象です。ゲッコウガが岩技もってたりカグヤはほぼ雪崩を持っていたりと慎重に立ち回らなければ簡単に負けてしまうのが結構辛かったです。

構築の反省としては①命中不安が多いこと、②積みアタッカ―を採用しなかったこと。

特に②は構築段階で全く気付かなかったのですが、せめてポリ2を起点にできるポケモンぐらいは意識して採用するべきだったと思います。その点を抜かせば個人的には楽しいPTだったので満足しています。

長々とありがとうございました。

下の画像の対戦数が少ないのはシーズン終盤一度違うPTでレートに潜ったら1600代ぐらいまで速攻で落ち、レートリセットをしたからです。最終2000越えで終わりたいという欲求が顔をのぞかせたのでこの記事のPTで潜りなおしました。

 

f:id:pandamu:20170321172005j:plain

  

Twitter @pandam_777 

【ポケモンSM】プテラエンニュート【S1最高/最終レート2015】

はじめまして。パンだむと申します。

ポケモンSMのシーズン1にて、自身初めてのレート2000を達成できましたので記事にしたいと思います。

初めて記事を書くので見づらい点などあるでしょうが許してください。

 

レート2000を達成したのが最終日のため、最高最終ともに2015です。

 

7世代は受けが成立しないのではないかと考え、メガプテラエンニュートによる上からの制圧を意識してPTを組みました。

 

それではさっそく構築の紹介をしたいと思います!

  

f:id:pandamu:20170120031546j:plain

 

新ポケ3体、旧ポケ3体のバランスのいい?PTですね。 

 

<個体紹介>

メガプテラ いしあたま @メガ石 

陽気 H4 A252 S252

 アイアンヘッド 氷の牙 じしん ストーンエッジ

 

ASにぶっぱした普通のメガプテラ。アイへで準速スカーフテテフを、じしんでコケコを上から叩けるのは単純に強かった。スカガブの逆鱗で鮫肌圏内に入り、相打ちになってしまう場面があったので少し耐久に努力値を回したほうが強いと思います。

一舞ギャラを抜いている点、マンダに上から氷の牙をうてる点など環境に多かったメガ枠にも比較的戦えたので選出をしやすかった。

難点としては火力が低く、コケコ・テテフ・メガゲンガーに弱点をついても耐えられる場面があったのは使っていて悲しかった。それでもこのポケモンの一貫を作ることが明確な勝ち筋となることが多かったので本当によく活躍してくれたと思います。

 エッジ外しは許すけど牙外しはやめてくれ。

ハッサム テクニシャン @ゴツメ

腕白 H252 A4 B252 

バレットパンチ とんぼがえり どくどく はねやすめ

 

このポケモンは環境で流行ると思っていたメタグロスに後出ししつつ、とんぼ返りでエンニュートを展開するという目的で採用したポケモン。実際はメタグロスが環境に少なく、対ミミッキュを任せる場面ばかりだった。

ゴツメの理由は裏の高速アタッカーの火力が足りないので削りを意識して。ガルーラの削りにも役立った。

プテラエンニュートは耐久が紙なのでこのポケモンを経由して展開するというのは相手によってはとても重要なことであった。

毒々と羽休めはポリゴン2の貴重な処理ルートとして採用。テテフに勝てない鋼。

バレパン読みテテフ後出しはやめてください

 

ガブリアス 鮫肌 @チョッキ

意地 H60 A252 D196

じしん 岩石封じ 炎の牙 毒づき

 

チョッキをきせた主人公、自慢のコケコ対策。

1800あたりまではこの枠は襷マンムーだったがコケコがシュカのみや草結びを持っていることが多く安定しなかったため生み出されたポケモン。シーズン終盤に増えたジバコイルに対しても強い

基本的に初手で出していき、マジシャ2発で落としにくるシュカコケコに対し、じしん→がんぷうを選択することで交代をケアしつつ居座ったらコケコを処理できる。

炎の牙はテッカグヤに対する打点として採用。テッカグヤ対策がデンジュモクエンニュートであるため、交代読みじしんを許さないよう一度炎の牙をうってから交代するようにしていた。

竜技を使いたい場面がなかったため毒づきを採用。ブルルとテテフにうつが4振りテテフは25%の乱数。

Sに振っていないためギャラドスミミッキュ、テテフに抜かれているのが難点ではあるが、それでも先発に出しやすく出オチせず仕事をするのが強かった。

(強化アイテムなしカプ・コケコのマジシャ 35.6%〜43.9%)

 

アシレーヌ 控え目 @オボン

H84 B252 C172

アクアジェット うたかたのアリア ムーンフォース アンコール

 

ギャラドスマンムーに強い枠として採用した。

配分はポケ徹さんのBCオボンのをそのまま使わせていただき、滅びの枠をアンコールに変更し使用した。Bに厚く振っているだけあってマンムーに対しての後投げがしやすく、アンコールによって起点にもならないので非常に優秀なポケモンだった。

滅びを切ったことによりラス1のスターミーを倒せず負けた試合もあったので、害悪を重く見るなら滅びのほうが良い。

配分に関しては、Cに多く振っている恩恵をあまり感じなかったので、少し削ってSや耐久に振ったほうが良いかもしれない。

襷まで削ったマンムーに対してアクジェを押すかという場面では、こちらが相手を縛っていることを念頭においてテテフやマンダの後出しを積極的に読んでいくことが大切だった。

 

デンジュモク 臆病 @シュカ

H248 C4 D4 S252

10万ボルト マジカルシャイン めざ地 ほたるび

 

テッカグヤ+ガラガラ+ガブリアスのような並びを崩すポケモンテッカグヤの前で蛍火を積み、裏の電気受けごと葬り去る。

HSにすることでテッカグヤのヘビーボンバーに受けだした後、ガブのじしんをシュカ込で耐えることができる。Cに4振りするとC+1マジカルシャインでガブが確定1発なので削った相手を一体倒せばそこから全抜きということもよくあった。

D4振りはダウンロード対策。Sはギャラ意識で最速。

この構築は全体的に低下力のため受け気味の構築を崩すことができるのがデンジュモクしかいなかったが、大体何とか出来ていたのですごく強かった。(小並感)

ポリゴン2は起点だと考えていたがシーズン終盤になると催眠型のメタであろうHCトリルの型が出てき始めており、トライアタックは3発耐えられないので後出しからポリ2を起点にすることが出来ずかなり厳しかった。

c+3の10万を耐えるポリ2は化け物。

 

エンニュート 臆病 @スカーフ

H4 C252 S252

ヘドロウェーブ オーバーヒート 火炎放射 めざ氷

 

カキの試練を見てから絶対使おうと思っていたポケモン。シーズン1では環境にぶっ刺さっていた。

当初は襷型をレートでよく見たためとりあえず襷挑発で採用していたが、相手のコケコやスカーフテテフに襷まで削られ、役割対象のバレパンで沈んでいくのが弱すぎたためそれらの上をとれるスカーフ型での採用となった。

シーズン終盤のテテフ+パルシェンやガルーラ軸、ルカリオ軸に対してはこのポケモンを通していくことが勝ち筋となった。からやぶ後のパルシェンを抜いており、また環境にいたほぼ全てのポケモンの上をとれるのは単純であるが強かった。

火力が足りないのでひかえめで採用したほうが活躍ができると思うが、ガブと同速になる。

エンニュートのHP管理は非常に重要であり、ガルーラのふいうち、ハッサムルカリオのバレパン圏内に入らないようにうまく立ち回らなければならず、とても扱いの難しいポケモンだった。

 

<選出>

選出は大体ガブリアスを先発でだして他は刺さっているポケモンを相手のPTによって選出していた。テッカグヤがいる場合はエンニュートデンジュモク(または両方)、マンムーがいるならアシレーヌみたいな感じですね。ガブ以外はどのポケモンも同じくらい選出しており、使っていてとても楽しいPTだった。

 

よくみた並びでの選出でいえば、

マンダ+マンムー+ジバコ → ガブ+アシレーヌプテラ

ルカリオミミッキュ@1 → ガブ+ハッサムエンニュート

テッカグヤ+ガラガラ+ガブリアス → ガブ+デンジュモクプテラ

ガルーラ+テッカグヤガブリアス → ガブ+ハッサムプテラ)+エンニュート

                             

<厳しいポケモン、並び>

ポリゴン2 → 処理ルートがハッサムデンジュモクしか無くめざ炎やトリルといった処理できない型がある。

 

ミミッキュ → ハッサムを選出できないPTで出てこられると半壊する。

 

ブルル+ギルガルド+ガラガラorシャンデラ → 最終日に何回かあたったPTだが、エンニュートが完全に止まる霊炎がおり、グラスフィールドを展開したあとのガルドを倒せない。無理。

 

スタン系の構築に対しては勝率がよかったが、壁展開トリルや害悪(主にスターミー)は厳しかった。 

<感想>

まずは、目標としていたレート2000を達成できてとても嬉しい。今のPTに落ち着いてから1900までは割とすぐ行ったのだが、そこから1900~1950を80戦近く行ったり来たりでとても辛かった。2000の壁を感じたシーズンだったが、何とか達成できてよかった。

今回のPTはz技を採用できず、火力強化アイテムも採用していない貧弱なPTであり、襷持ちもいない。今思えばどうしてこのPTで勝てていたのかちょっと不思議ではある。(おい

プレイングとして意識したことは数的不利を作らないこと。

次のシーズン(もう始まっているが)で2000を達成することは難しいとは思うけれど、なんとかまたいつか達成したいですね。

長々とありがとうございました。

 

Twitter @pandam_777